東大耳鼻科は「安全・安心・思いやりの医療」「先進の技術開発」「専門医研修の充実」を高いレベルで実現することを目指しています。

医局員紹介(籠谷 領二)

籠谷 領二

助教
平成19年度入局
東京大学卒業

 

略歴

東京大学医学部附属病院、東京厚生年金病院(現 JCHO東京新宿メディカルセンター)にて初期臨床研修後、東京大学医学部附属病院(専門研修医)、日立総合病院、東京都立多摩総合医療センター、東京都立小児総合医療センター、東京警察病院、東京大学医学部附属病院にて勤務。平成26年より東京大学大学院医学系研究科博士課程・外科学専攻に進学し学位取得。平成30年4月より現職。

専門

鼻科学、粘膜免疫学を専門とし、手術では内視鏡下鼻副鼻腔手術の他、咽頭・頸部良性疾患を担当し、専門外来では鼻外来、顔面神経外来を担当している。基礎研究は、好塩基球、マスト細胞、IgEを中心に好酸球性副鼻腔炎の免疫病理学的解析を主に行っている。

所属学会

日本耳鼻咽喉科学会(専門医)、日本鼻科学会、日本耳科学会、日本顔面神経科学会、日本アレルギー学会、日本小児耳鼻咽喉科学会

主な論文

Kagoya R, Kondo K, Baba S, Makiko Toma-Hirano, Nishijima H, Suzukawa K, Kikuta S, Yamasoba T. Correlation of basophil infiltration in nasal polyps with the severity of chronic rhinosinusitis. Ann Allergy Asthma Immunol. 2015;114:30-35.

Baba S, Kagoya R, Kondo K, Suzukawa M, Ohta K, Yamasoba T. T‑cell phenotypes in chronic rhinosinusitis with nasal polyps in Japanese patients. Allergy Asthma Clin Immunol. 2015;11:33.

Kagoya R, Shinogami M, Kohno M, Yamasoba T: Distortion-Product Otoacoustic Emission Tests Evaluate Cochlear Function and Differentiate Cochlear and Vestibular Schwannoma. Otolaryngol Head Neck Surg. 2013;148:267-271.

Kagoya R, Monobe H, Tojima H. Utility of elastography for differential diagnosis of benign and malignant thyroid nodules.Otolaryngol Head Neck Surg. 2010;143:230-234.

PAGETOP