東大耳鼻科は「安全・安心・思いやりの医療」「先進の技術開発」「専門医研修の充実」を高いレベルで実現することを目指しています。

医局員紹介(吉川 弥生)

吉川 弥生(きっかわ やよい)

助教
平成7年入局
東京大学医学部卒業

略歴

1995年東京大学医学部医学科卒業後、東京大学医学部附属病院、日立総合病院で研修。
2003年東京大学大学院医学系研究科(耳鼻咽喉科学)修了、医学博士。
2004~2007年米国テキサス大学耳鼻咽喉科博士研究員。
2007年4月より京都大学耳鼻咽喉科。2009年9月より東京大学耳鼻咽喉科。

研究分野

活性酸素による内耳障害の可視化および予防
薬剤徐放機能を持った人工内耳の開発
蝸牛有毛細胞上部構造の発達

所属学会、資格など

日本耳鼻咽喉科学会(専門医、指導医)、日本耳科学会、日本めまい平衡医学会
補聴器相談医
指導医講習会修了
緩和ケア研修修了

主要論文

1. Takei Y*, Kikkawa YS*, Atapour N, Hensch TK, Hirokawa N. Defects in Synaptic Plasticity, Reduced NMDA-Receptor Transport, and Instability of Postsynaptic Density Proteins in Mice Lacking Microtubule-Associated Protein 1A. J Neurosci. 25;35(47):15539-54, 2015. *共同第一著者

2. Kikkawa YS, Nakagawa T, Taniguchi M, Ito J. Hydrogen protects auditory hair cells from cisplatin-induced free radicals. Neurosci Lett. 2014 Sep 5;579:125-9.

3. Kikkawa YS, Nakagawa T, Ying L, Tabata Y, Tsubouchi H, Ido A, Ito J. Growth factor-eluting cochlear implant electrode: impact on residual auditory function, insertional trauma, and fibrosis. J Transl Med. 4;12:280, 2014.

4. Kikkawa YS, Nakagawa T, Horie RT, Ito J. Hydrogen protects auditory hair cells from free radicals. Neuroreport. 20(7):689-94, 2009.

5. Kikkawa YS, Nakagawa T, Tsubouchi H, Ido A, Inaoka T, Ono K, Ito J. Hepatocyte growth factor protects auditory hair cells from aminoglycosides. Laryngoscope. 119(10):2027-31, 2009.

6. 吉川弥生. 蝸牛有毛細胞上部構造の発生 -Pcdh15変異マウスの知見を中心に-. Otol Jpn. 19(3)207-213, 2009.

7. 吉川弥生、伊藤壽一. 内耳感覚細胞の再生医療.特集 Regenerative Medicine -期待される21世紀の新しい医療-. 綜合臨牀. 2009;58(1):112-117.

8. Kikkawa YS, Pawlowski KS, Wright CG, Alagramam K. Development of Outer Hair Cells in Ames Waltzer Mice: Mutation in Protocadherin 15 Affects Development of Cuticular Plate and Associated Structures. Anat Record. 2008; 291(2):224-32.

9. Kikkawa YS, Pawlowski KS. Cochlear Neuronal Tracing for Frequency Mapping with DiI, NeuroVue and Golgi methods. Acta Otolaryngol Suppl. 559:19-23, 2007.

 

PAGETOP