めまい・平衡障害グループ Vertigo/Dizziness – Dysequilibrium Group

チーフ:藤本千里

メンバー:菅澤恵子、吉川弥生、木下淳、竹内成夫、鴨頭輝、一條研太郎

臨床研究では、耳石器・半規管機能検査を用い新しい疾患概念の構築とその臨床的特徴の検討、経皮的前庭電気刺激を用いた新たな体平衡機能障害の治療法の開発等の研究を行っています。基礎研究では、内リンパ水腫の病態解明、前庭神経節細胞の障害予防、前庭有毛細胞の再生・機能維持等のテーマで行っています。主な研究テーマを以下に列挙します。

臨床研究

① 難治性前庭障害に対する新しい治療法の開発

前庭は体のバランス(平衡感覚)をつかさどる内耳の器官です。前庭障害によるふらつきは、患者様のQOLを阻害し、骨折・転倒・認知症のリスクとなり得ます。両側の末梢前庭機能低下は、難治性の体平衡障害(体のバランスの障害)を呈し、現時点でエビデンスレベルの高い治療法は存在しません。一方、一側の末梢前庭機能低下による体平衡障害は、リハビリが有効とされていますが、特に高齢者などにおいてはその効果は限定的です。我々は、耳鼻咽喉科領域のアンメットニーズの一つである、難治性前庭障害による体平衡障害の新規治療法の開発に向けて取り組んでおります。

  1. ノイズ前庭電気刺激によるバランス障害の治療

現在、当科では以下の治験を実施しています。

「重度のふらつきを有する難治性前庭障害患者における経皮的ノイズ前庭電気刺激によるバランス障害改善効果と安全性を確認するための二重盲検ランダム化プラセボ対照クロスオーバー試験」

前庭障害による立位・歩行時のふらつきを持つ患者さんの治療は、リハビリテーションが有効でない場合があり、その場合、現時点で有効な治療は存在しません。我々は、耳の後ろに貼った電極から、刺激を感じない程の微弱な電流を流すことで、バランス機能を改善する機器の開発を行っており、現在、第Ⅱ・Ⅲ相の治験を行っております。バランス障害の改善や転倒予防の新たな治療となることが期待されます。

臨床試験情報:https://www.clinicaltrials.jp/cti-user/trial/ShowDirect.jsp?clinicalTrialId=29117

ご不明な点は下記までお問い合わせください。

東京大学医学部附属病院耳鼻咽喉科・頭頸部外科
〒113-8665 東京都文京区本郷7-3-1
電話 03(5800)8665 (耳鼻咽喉科・頭頸部外科)

② めまいの診断に有用な新しい検査法の開発

めまいの診断に有用な新しい検査法の開発に取り組んでいます。我々は、末梢前庭障害を簡便に評価可能な体平衡機能検査としてラバー負荷重心動揺検査を開発しました。本邦では、重心動揺検査の負荷加算として診療報酬の算定がされております。

  1. ラバー負荷重心動揺検査の開発と臨床応用
  2. 機械学習を用いた前庭障害診断システムの開発

③ めまい症状を呈する新たな疾患概念の確立、および、その臨床的特徴の分析

近年、前庭誘発筋電位検査(VEMP)の開発による耳石器機能評価の発展、video head impulse testの開発による半規管機能評価の発展といった、新しい前庭機能検査の開発・臨床応用に伴い、既存の疾患概念に当てはまらない新しい耳性めまい疾患が報告されつつあります。よって、これまで診断がつかなかっためまい疾患の一部に、新しいタイプの前庭障害が含まれる可能性が考えられるようになってきました。一方で、そういった疾患群の臨床的特徴については、不明な点も多く、確立した治療法も存在しません。我々は、このような新たに確立されつつある疾患概念の臨床的特徴について、分析を行っております。

  1. 耳石器機能障害の臨床的特徴についての検討
  2. 特発性両側性前庭機能低下症の耳石器・半規管機能に基づいたサブタイプ分類、および、これらの臨床的特徴についての検討

 

基礎研究

① 内耳障害予防、細胞内品質管理、加齢変化のメカニズムの解明

聴覚・前庭平衡覚の感覚細胞である内耳有毛細胞は、哺乳類においては細胞分裂せず一度障害されると機能的回復は困難であり、その生存・恒常性維持が非常に重要です。我々は、このような内耳有毛細胞の恒常性維持、細胞内品質管理のメカニズムについて、研究を行っています。

  1. オートファジーによる内耳有毛細胞維持機構の解明
  2. 内耳におけるミトコンドリア機能定量評価法の確立
  3. 前庭神経節細胞における神経栄養因子の障害予防効果

② マウス前庭系の新しい機能評価法の開発

我々は、マウス前庭系の新しい機能評価法の開発に取り組んでおります。また、確立した実験系を用い、前庭系の機能解析、前庭障害の病態解析、および、ノイズ前庭電気刺激による前庭障害治療のメカニズム解明を目指します。

  1. マウス前庭誘発脳幹電位の開発(特許取得)
  2. マウス前庭系のin vivo imaging法の開発
  3. ノイズ前庭電気刺激マウスの神経活動の解析
  4. 新しい前庭障害モデルマウスの開発