東大耳鼻科は「安全・安心・思いやりの医療」「先進の技術開発」「専門医研修の充実」を高いレベルで実現することを目指しています。
  • 外来受診のご案内
  • 研究トピックス一覧
  • 研修医向け医局見学と説明会

お知らせ/News

平成30年度冬期臨床フォーラムのお知らせ

12月15日(土)14:00から冬期臨床フォーラムを開催いたします。今年は耳鼻科領域の難治性感染症の仕組みと対応について和歌山県立医科大学保富教授に特別講演をお願いしております。…

カロリー制限が嗅覚に悪影響の可能性

Scientific Reports誌に新たな論文が掲載されました。長期の自発運動あるいはカロリー制限は嗅覚システムに悪影響を与える可能性が明らかになりました…

平成30年度 同窓会総会を開催しました

平成30年度 冬の東京大学耳鼻咽喉科同窓会を開催しました。 お忙しい中たくさんのご参加をいただき、ありがとうございました。

日本めまい平衡医学会で受賞しました

11月28日-30日の日本めまい平衡医学会で当教室の吉川医師がポスター賞を受賞しました。‥

米国鼻科学会で受賞しました

2018年10月5-6日の米国鼻科学会で当教室の上羽医師がポスター賞を受賞しました。‥

東大耳鼻科ブログ

論文紹介:突発性難聴に対するsecondの治療としての鼓室内ステロイド投与の聴力変化:数学的シミュレーションを用いたメタ解析

[耳チーム] 今回紹介した論文は「突発性難聴に対するsecondの治療としての鼓室内ステロイド投与の聴力変化のメタ解析について」です。‥

論文紹介:がん免疫療法としての抗PD-1/PD-L1抗体に関する臨床試験の現況および今後の課題

[腫瘍チーム] ニボルマブなどの抗PD-1/PD-L1抗体はこれまでの殺細胞性化学療法とは全く異なった作用機序により注目を集めるがん免疫療法である。本論文では現在数多く行われているがん免疫療法の臨床試験を紹介し‥

論文紹介:人工嗅覚埋込術は将来において嗅覚障害治療の選択肢となるか

[鼻チーム] 今回紹介した論文は、将来における嗅覚障害治療の選択肢としての人工嗅覚埋込術です。‥

論文紹介:TMC1ー脊椎動物内有毛細胞のシグナル伝達チャンネルを形成

[耳チーム]「TMC1は脊椎動物の内耳有毛細胞の機械的シグナル伝達チャンネルのポアを形成する」という論文を読みました。‥

論文紹介:循環腫瘍DNAー頭頸部扁平上皮癌におけるバイオマーカー、リキッドバイオプシー

[腫瘍チーム] 循環腫瘍DNA(ctDNA)は、血液中に検出される腫瘍由来の細胞外DNAで、低侵襲でコストパフォーマンスにすぐれたバイオマーカーとして注目されています。本論文では、頭頸部癌領域での臨床応用に向けて‥

PAGETOP