東京大学の色といえば、このページにも使われていますが、ライトブルー「淡青」ですね。その起源は意外なところにあったようです。

時は大正9年(1920年)9月24日、瀬田川にて行われた東大、京大の両大学ボート部による第一回対抗競漕。両大学の乗るボートをくじ引きで決め、その際京都大学がダークブルー(濃青)、東京大学はライトブルー(淡青)に決まったそうです。これはイギリスのオックスフォード大学とケンブリッジ大学の例にならったもので、ボートに限らず、両大学のスポーツ対校戦に出た選手には、「ブルー」の称号が与えられ、人格高尚な紳士とみなされ、大きな尊敬の目で迎えられたそうです。

くわしくは京都大学体育会60周年記念誌のページをどうぞ。

 

投稿者:webmaster

東京大学の広報誌「淡青」
東京大学の広報誌「淡青」