上羽 瑠美

平成15年度入局
奈良県立医科大学医学部卒業

略歴

東大病院研修医、NTT東日本関東病院、都立神経病院、亀田総合病院を経て、2010年9月より東大病院特任臨床医。特に脳卒中や神経難病、重症心身障害者の嚥下障害に関わり研修を積む。2012年University of Michigan (Steven L Kunkel教授)へ留学。2012年12月より助教。2018年University of California Davis(Peter Belafsky教授)へ留学。2019年7月より特任講師。2021年4月より摂食嚥下センター(https://www.h.u-tokyo.ac.jp/patient/depts/enge/)准教授。

専門分野

臨床では、喉頭科学・気管食道科学を専門とし、当院における音声障害や嚥下障害の検査と治療に従事。小児先天性疾患の診断と治療、神経筋疾患や脳卒中・重症心身障害児の嚥下障害に対する嚥下機能評価やリハビリテーション、 手術治療まで積極的に携わっている。

基礎研究では、鼻科分野にて、喫煙・アレルギー・ウイルス感染・加齢による嗅上皮恒常性への影響を検証している。嚥下・喉頭分野にて、喫煙による喉頭分泌への影響や造影剤誤嚥による肺障害性の研究、食品テクスチャーに関する研究、嚥下動態や声帯運動のVR化、喉頭乳頭腫に関する遺伝子発現解析などをテーマに研究を行っている。

所属学会・資格

日本耳鼻咽喉科学会(英文誌委員,専門医・指導医)、日本嚥下医学会(幹事,新型コロナウイルス対策委員)、日本摂食嚥下リハビリテーション学会(評議員)、日本喉頭科学会(編集委員)、日本気管食道科学会(専門医)、日本鼻科学会、日本味と匂学会、小児耳鼻咽喉科学会、日本音声言語医学会、日本抗加齢医学会、日本体育協会公認スポーツドクター、Association for Research in Otolaryngology

主な論文

  1. Ueha R, Kondo K, Kagoya R, et al. Olfactory dysfunction in COVID-19: ACE2, TMPRSS2, and Furin expression in the nose and olfactory bulb. Rhinology. 2020.
  2. Ueha R, Sato T, Goto T, et al. Esophageal dysmotility is common in patients with multiple system atrophy. Laryngoscope. 2020.
  3. Ueha R, Zelter NN, Sato T, et al. Acute inflammatory response to contrast agent aspiration and its mechanisms in the rat lung. Laryngoscope. 129(7):1533-1538, 2019.
  4. Ueha R, Shichino S, Ueha S, et al. Reduction of proliferating olfactory cells and low expression of extracellular matrix genes are hallmarks of the aged olfactory mucosa. Front Aging Neurosci. 10:86, 2018.
  5. Ueha R, Ueha S, Kondo K, et al. Damage to olfactory progenitor cells is involved in cigarette smoke-induced olfactory dysfunction in mice. Am J Pathol. 186(3):579-586, 2016.
  6. Ueha R, Nito T, Sakamoto T, et al. Postoperative swallowing in multiple system atrophy. Eur J Neurol. 23(2):393-400, 2015