煙草の煙を吸うと鼻がむずむずする、冷気にあたると鼻汁が出る、こういった症状は多くの人が経験されるものと思います。
これらの反応が過剰に起こった状態を鼻過敏症と言い、今回紹介した論文 ”Nasal hyperreactivity in rhinitis: A diagnostic and therapeutic challenge” はこの鼻過敏症の病態や治療法について解説しています。鼻過敏症の病態にTRPチャネルの過剰発現を介した知覚神経由来の炎症が関与していること、治療としてカプサイシン点鼻療法が有効であることなどが述べられています。

Van Gerven L, Steelant B, Hellings PW.
Nasal hyperreactivity in rhinitis: A diagnostic and therapeutic challenge.
Allergy. 2018 Apr 6. doi: 10.1111/all.13453. Review.
PMID:29624710

 

投稿者:清水 裕也/webmaster