[腫瘍チーム] 循環腫瘍DNA(ctDNA)は、血液中に検出される腫瘍由来の細胞外DNAで、低侵襲かつ簡易でコストパフォーマンスにすぐれたバイオマーカーおよびliquid biopsyとして注目されています。本論文では、臨床応用に向けて技術や解析方法の標準化が必要であること、次世代シーケンサーの発展がターニングポイントになることが述べられています。頭頸部癌においてはデータが限られていますが、ctDNAが検出される率は高く今後のさらなる研究が期待されます。

Circulating tumor DNA as a biomarker and liquid biopsy in head and neck squamous cell carcinoma.
Payne K, Spruce R, Beggs A, Sharma N, Kong A, Martin T, Parmar S, Praveen P, Nankivell P, Mehanna H.
Head Neck. 2018 Jul;40(7):1598-1604. doi: 10.1002/hed.25140. Epub 2018 Mar 15.
PMID: 29542214

投稿者:明石 健/ENT-HP1