[耳チーム]今回紹介した論文は、「突発性難聴に対するsecondの治療としての鼓室内ステロイド投与の聴力変化のメタ解析について」です。
鼓室内ステロイド投与はprimaryのステロイド全身投与失敗群へのsecondの治療としての有効性が示唆されているもののその効果や投与プロトコルについて統一的な見解に至っておりません。
本論文では各研究の治療開始時期や治療前聴力やプロトコルのほか、プロトコルからシミュレートされる鼓室階におけるステロイド濃度を項目として、聴力改善や治療後聴力について検討が行われました。
今回の研究では治療前聴力が聴力改善、治療後聴力と相関しているとの結果となり、今後については聴力改善の程度より治療後聴力について検討することが望ましいとされ、画一された評価項目や治療プロトコルの記載の元での症例の蓄積が待たれるとされています。

 

Hearing Changes After Intratympanic Steroids for Secondary (Salvage) Therapy of Sudden Hearing Loss: A Meta-Analysis Using Mathematical Simulations of Drug Delivery Protocols.

Liebau A, Pogorzelski O, Salt AN, Plontke SK.

Otol Neurotol. 2018 Aug;39(7):803-815. doi: 10.1097/MAO.0000000000001872.

PMID: 29995001 

 

投稿者:星 雄二郎/ENT-HP1